ヤミ金とは

ヤミ金とは、出資法で規制されている利息を超えた、高い金利で貸付を行っている業者のことを言います。貸金業を営む場合には、貸金業登録というものを行わなければいけません。しかし、ヤミ金業者は貸金業登録も行わず、違法に営業を行っている業者なのです。

スマホヤミ金と聞くと、恐ろしい集団がバックについていて、支払いができなければ暴力をふるわれたり、きつい取立てがあるのではないかと想像されます。しかし現在のヤミ金は、一部でそうした業者もあるようですが、そのほとんどができるだけ足がつかないよう、そのような集団との関わりを持たず、警察沙汰になりそうなことは控えて活動しています。そのため、事務所は無く、主な連絡手段には携帯電話を使用していることが特徴です。

ヤミ金が一体どのようにして顧客を探し出しているのかというと、サラ金から借金をしている人や、官報で自己破産をした人の情報などを名簿屋から購入し、お金を必要としていそうな人を狙って近づいていきます。お金が無い切羽詰った状態だからといって、街中の電柱に張ってある携帯電話の番号に連絡したり、大手消費者金融の屋号と酷似している業者などからの接触があった場合には関わらないようにしましょう。